読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小池龍之介 今月の思い込み 『「炎上」だけは、何としてでも回避しなければならない』【読書メモ】

f:id:amatom2628:20160828221348j:plain

 

読書メモ

書店のレジカウンター前に「ご自由にどうぞ」と置いてある新刊案内のチラシやカード型のカレンダーと一緒に並んでいた、「本の窓」。「定価」がついているのでご注意を。

さて今回紹介するのは、その中に連載されている僧侶の小池龍之介さんの仏道随筆「思い込みの突破法」。小池さんと言えば『考えない練習』などの著書で、仏教的な観点から、煩わしいことの多い現代社会の処世術を紹介しています。今回のテーマは”炎上”。

 

 

つまらない情報ばかりなってしまう

  • 他人を屈服させることに快感を覚えてしまった輩が餌食を探し回っている。間違えや不謹慎な人を見つけて袋叩きにする→「炎上」と言われる事態。
  • 炎上回避・エッジの利いたメッセージの自粛=偽善的・非本質的、無難で、つまらなくなる。

多くの人の思い込み:「炎上=苦しみ」

  • 炎上=単なる事象。問題は、脳がどのように処理するか。
  • 「炎上→脳内の処理→苦しみ」パターンの固定化→他の処理・選択を想像すらできなくなっている。

炎上によるブログの閉鎖について考えると

  • ブログ閉鎖した本人は「不本意にも追い込まれた」、批判する人々は「閉鎖に追い込んだ」と解釈している。
  • 解釈は多様。批判的な反応自体を見ないこともできる。
  • 他人の反応への興味が抑えきれずに見て、ネガティブな解釈までくっつけて反応したがために、自主的に閉鎖している。
  • 喜ばしいことだと解釈することもできる。
    「別に…。」「むしろカンゲイ!」
    「私に嫉妬してかわいそうだわ」「そんだけホットトピックスなんだ、注目を集めるためには成功だわ』という処理もできる。

 極論、世の中で何が起ころうとも、脳内で幻覚が発生しているだけ。

  1. 見ない。
  2. 見たとしても、不快な物語を生成しない。
  3. 生成しても、客観視してスルーする。
  4. 「もうだめだ、くじけそうだ」とネガティブな思考が発生しても、「勝手に自動発生している物語に過ぎない」と冷静に観察、スルーしてしまう。

 

本の窓』連載「仏道随筆 第14回 思いこみの突破法」小池 龍之介

「今月の思い込み:「炎上」だけは、何としてでも回避しなければならない」

(p38-43, 2016-10 本の窓 10月号 | 小学館)

 

感想のようなもの

刺激(炎上)に対する反応についての部分は、 コヴィー博士の「七つの習慣」の主体的反応についての項目の「刺激と反応モデル」を思い出した。博士は、刺激即反応(”刺激→反応”)ではなく、主体的反応(刺激→スペース→反応)することで、最良の選択・行動ができると説いている。

 

ちょっと立ち止まって、冷静になれば、ビクビクせずに、むしろ言いたいこと、言うべきことが言えるんだろうな。感情的な人々の、自分自身が感情的に反応していることに気付いたり。

 

「炎上商法」なんて言われて、それを自認しているコンテンポラリーアートのアーティストも居るけど、「炎上させっか!」と言う人たちが右往左往しているから、そういう「商法」とやらを生み出すんだよね。もし仮にその商法が本当の不徳な行為だとするなら、総スカンすればいいのに。誰にも相手されなければ、その商法自体が成り立たないし、消滅していくのだと思う。それでも、目立ちたいと人は手を変え品を変え、どんな手練手管を使ってでも発信してくるだろうし。炎上も一つのコミュニケーションの方法なのかな。(別に僕はそのアーティストを批判しているわけではありません。念のために。)

 

ブログを閉鎖に追い込まれたと錯覚してしまっている人も、ただ閉鎖するのではなく、「このたびの私の言動に対しまして、多くのご評価をいただきました。しかるに私は、自分に対する評判に興味がありすぎて、とかく悪く言っていただくと、悲しいやら、腹立たしいやらで、そうした自分勝手な解釈に呑み込まれてしまったので、そこから逃れたいがために、ブログを閉鎖させていただくこととしました。これまで様々な声をお送りいただきました皆様方にこの場をお借りして感謝申し上げます。」とでも書いたら面白いのにね(笑)

 

ネットという空間を使って、戯れているというか、双方が一種の暇つぶしに明け暮れているんのかな。なんて思ってしまう、あまとむでした。

 

参考:

 本の窓 10月号 | 小学館

小池龍之介氏主宰のサイト家出空間[iede cucan]

第一の習慣:主体性を発揮する【主体と反応】|7つの習慣 セルフ・スタディ|フランクリン・プランナー・ジャパン株式会社

炎上商法の作家 https://twitter.com/takashipom/status/483926356393074689